pagetop
pagetop
仲野 早織仲野 早織
コンシューマ営業部
ショップグループマネージャー
2005年新卒入社 仲野 早織
涙を流したかつてのグランプリ。
今は、後輩の背中を押している。
仲野 早織
「15分や20分で良さなんかわかるわけない!お前が一番だ!」

店長とマネージャーを兼務しながら、主にスタッフの教育指導に力を入れています。私が教育担当になったきっかけは、auの接客コンテストで入賞したこと。当時の大会は、舞台の上に立ち、設定上のお客様に対してその場で接客をするというものでした。接客の質や提案内容を、マナーの先生やauの方々が得点をつけて評価するので、他社のベテランスタッフと比べられる場でもあります。

大会前は、周りの人にどれだけ支えられていたのかわかりません。開店前や閉店後に、いろんな人が練習に付き合ってくれたのですが、その年の大会では、グランプリに入賞することができませんでした。悔し涙を流す私に、「15分や20分でお前の良さなんかわかるわけない!お前が一番だ!」と社長が言ってくれたのが、本当にうれしくて。社長は普段の私を見てくれているんだなと、実感しました。そしてその翌年につかみ取ったグランプリ。「私は幸せ者です!!」と、アイメイクが落ちて真っ黒の涙を流したのが、良い思い出です。

仲野 早織
試験対策から仕事の悩みまで、
一人ひとりに向き合いながら。

教育担当に就いてからは、auが定める資格試験のテスト対策も始めました。受かったよと報告してくれたり、仕事の些細なことでも相談してくれるのがうれしいです。私はスタッフの身だしなみを注意する役割も担っているので、口うるさく感じることもあるのかも。でもみんな煙たがらずに、良い意味で友達みたいに話しかけてくれます。

会話を通して、みんなの変化がわかるのが私のやりがいです。今年は後輩がグランプリをとってくれました。彼女が喜んでいる姿を見たのが、最近ではいちばんうれしかったかな。入社して11年経ちましたが、YTTを選んでよかったと、ふと思う時があります。これからは一人前のマネージャーとして、みんなを育てていきたいです。

次のインタビューNext Interview