pagetop
pagetop
坂本 悠揮坂本 悠揮
auマスター
ネットワーク専門スタッフ
2015年中途入社 坂本 悠揮
お父さんみたいな社長と、
家族みたいな会社が、大好きです。
坂本 悠揮
今は、一期一会を大切に。

就職活動しているときにYTTを知り、面接を通して会社のアットホームさに惹かれました。店舗を見に行ってもスタッフさんが楽しそうに働いていたのが印象的で、入社を決めるのにはほとんど悩まなかったです。現在は、アタッカーとしてフロアでお客様に声掛けをする役割をしています。機器の使い方やお得なプランの説明はもちろん、お客様の目的によってはタブレットをすすめたり、wi‐fiがあるとこんなこともできますよと、といった「生活をデザインする」提案までしています。携帯ショップは、一度購入したら、故障しない限りその後1、2年はお客様に会いません。

だから常に一期一会。すべての接客が「はじめまして」からスタートします。お客様との相性を見極めながら、まずは信頼してもらえるように誠実な対応を心がけています。まだまだ覚えることはたくさんありますが、「接客がよかったから」と友達や家族を連れてきてくれたり、「坂本さんじゃないと」とご指名をいただいたりすることが、今はうれしいですね。

坂本 悠揮
「頑張れよ」の一言を伝えるために、
会いに来てくれる社長がいる。

社長はお父さんみたいな存在。スタッフを自分の子どものようにかわいがってくれて、みんなも社長のことが大好きです。お店のスタッフは、まるで家族みたい。みんなお酒が好きなのでよく飲みに行きます。休みの日を合わせて、ディズニーランドに行ったり、富士急ハイランドに行ったり、最近は牡蠣小屋にも行きました。店長がフレンドリーで気さくな方だから、みんながついて行くのかな。

先日、社長に結婚報告をしたら、「頑張れよ」と言うためだけにお店まで来てくれました。スタッフからは、サプライズでアルバムとメッセージをもらったり。アットホームな会社だということを、入社してより実感しています。YTTを好きな仲間が増えたら、きっともっと楽しいだろうと思います。

次のインタビューNext Interview